カワウ速報

カワウソががんばって2chニュースをまとめているサイト!
みんなカワウソのニュース速報を応援してね!

    1:2017/03/29(水) 06:32:27.62 ID:
    4月からの米国移住を宣言するも、予定通りに事が進んでいないことを各所で嘆いているピース・綾部祐二が、3月18日放送のバラエティ番組「おかべろ」(関西テレビ系)に出演。

    番組では米国の就労ビザの申請をまだ出せていないことを明かし、最短で4月末あたりには渡米できるように心がけているが、
    「もし延びた場合は夏‥‥秋」と、アメリカ行きのスケジュールが定まっていないその状況を説明した。

    さらには「もし夏とかになってしまった場合は5月に謝罪会見をしますよ」と話していたが、この計画性のなさを考えると謝罪会見を開くほうが現実味を帯びてきている。

    米国の政治的事情も多少影響しているとはいえ、この煮え切らないチマチマしている状況に、世間からは「謝罪なんかどーでもいいからキッパリしろよ」
    「こんなヤツがハリウッドスターとかバカにするな」「行く気もないのに相方に対抗してネタを仕込んだだけでしょ? 本当にバカバカしい」などと言われたい放題。

    番組でも司会のナインティナイン岡村隆史は「行く行く詐欺言われてな~! 
    正直、カンテレさんも(今回)『さよならピース』ぐらいの感じでブッキングしたのに‥‥行けへんやんけ!」とあきれていた。

    岡村のほかにも、綾部にガッカリしている同業者も多いと思われるが、現状に一番拍子抜けしているのは超大物のあの芸人かもしれない。

    「綾部が尊敬している大先輩のダウンタウンの2人でしょうね。綾部は2人には渡米することをメディアで発信する前から伝えていたようですが、
    浜田雅功からは電話で『お金は大丈夫か? ツテはあるのか?』と、生活面を真剣に心配してもらったといいます。
    松本人志には綾部が楽屋を訪れ直接報告をしたようですが、松本からは『(コンビ)解散だけはしたらあかん。
    吉本もやめるな』と助言を受け、楽屋を出る時には『頑張ってな。
    いや、頑張ろうな!』と、嬉しすぎる励ましの言葉をかけてもらったようです。
    このエピソードを綾部は昨年11月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で涙ながらに語っていましたが、現在はグダグダな状況。
    この米国ネタをしゃべるために出演していた番組もありますし、そう考えると謝罪会見で済むとは思えません。
    もし実現しなければ、今後は何を言っても同業者も世間も誰も信用しないでしょうし、数年単位で謹慎するくらいでなければ、世間も納得しないでしょう」(女性誌ライター)

    2日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、松本は「どうですか、みなさん! これを笑いで済ませていいんですか? これは新手の詐欺ですよ!」
    と、綾部を追い込み笑いを取っていたが、実は本心は相当イライラしていた可能性が高そうだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/12861065/
    2017年3月29日 5時58分 アサ芸プラス


    3:2017/03/29(水) 06:35:15.73 ID:
    ブランチも降りたし、行こうが行くまいが番組どんどん降りればそれでいい
    4:2017/03/29(水) 06:35:58.00 ID:
    >>1
    三又みたいな扱いになるかもな
    【【綾部ピンチ】松本人志、ナイナイ岡村がピース綾部の“アメリカ行く行く詐欺”を糾弾】の続きを読む

    1:2017/03/29(水) 05:08:08.86 ID:
    スポーツ報知 3/29(水) 5:03

     女優の満島ひかり(31)が主演する映画「海辺の生と死」(越川道夫監督、7月29日公開)に、満島の恋人役として俳優の永山絢斗(28)が出演していることが28日、分かった。

     戦後文学の一翼を担った作家・島尾敏雄(86年死去、享年69)と、その妻で鹿児島・奄美出身の作家・島尾ミホ(07年死去、享年87)の若き日をモデルにしたストーリー。永山は、終戦直前の奄美で、ミホをモデルとした主人公・トエ(満島)に出会い恋に落ちる青年軍人・朔を演じる。特攻艇の出撃命令を待ち、死を覚悟しながらもトエの激しい思いに心を揺さぶられていく難役だ。

     撮影は15年の秋、奄美で行われた。永山は「どの島とも異なる独特な雰囲気を持つ奄美大島加計呂麻島で送った撮影の日々に、監督・共演者・スタッフ・出会うことのできた全ての皆さん、海に・砂浜に・動物たちに・たくさんの緑に、そして島尾敏雄さん、島尾ミホさんへの感謝の気持ちでいっぱい」と振り返りつつ「朔という一人の男の胸の内の葛藤に、僕自身も苦しみ、心が同じように高鳴って、幸せを感じることが不思議なまでにできました」と役に没頭した日々を振り返る。

     満島と永山は昨年春から真剣交際をスタートさせた。双方の所属事務所も交際を認めているが、関係者によると、同作のクランクアップ時点では俳優仲間のひとりだったという。しかし、満島にとって人生観を揺るがすような作品をともに作り上げたことで、互いに役者としての尊敬の念をさらに深めるようになっていったとみられる。

     「僕の中で朔という男は、今でも軍服を着たままの姿で、壁一枚隔てたすぐ向こう側にいるように感じる」と永山。一人の役者として、男として、忘れられない役となったようだ。


    ・満島ひかり主演映画「海辺の生と死」に恋人役で出演する永山絢斗

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000217-sph-ent
    4:2017/03/29(水) 05:16:43.13 ID:
    あれ?いつ映画監督と離婚したんだ?
    5:2017/03/29(水) 05:27:02.54 ID:
    なんかもさい
    【【熱愛】満島ひかり&永山絢斗、交際のきっかけは映画「海辺の生と死」の共演だった】の続きを読む

    1:2017/03/29(水) 05:06:44.74 ID:
     女優高畑充希(25)が5月22~28日にかけて展開される日本テレビ系大型キャンペーン「7daysTV かぞくって、なんだ。」のメインパーソナリティーに抜てきされたことが28日、分かった。

     昨年に引き続きメインパーソナリティーを務める笑福亭鶴瓶(65)とキャンペーンサポーターの同局桝太一アナウンサー(35)とともに、1週間にわたって“かぞく”について考えていく。

     同局では08年から「ecoウィーク」と題して環境問題への取り組みを始め、13年には「7daysチャレンジTV『未来貢献』」、15年からは国連が定めている5月15日の「国際家族デー」をテーマに据えた現在のキャンペーンに衣替えした。「ZIP!」から「NEWS ZERO」までの平日帯番組や、「ズームイン!!サタデー」などの週末番組、ゴールデン番組がさまざまな“かぞく”をテーマにした企画を放送する。

     鶴瓶と桝アナのコンビに新たに加わった高畑は、自身にとっての“かぞく”について「自分の根っこみたいな感じです。そこさえあれば何とかなるかなっていうような存在です」。その上で、番組について「自分の家族が仲良い分、私も家族が大好きなので、それをうまく生かせればいいなと思います」と意気込んだ。

    日刊スポーツ 3/29(水) 4:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-01799133-nksports-ent

    2:2017/03/29(水) 05:07:29.47 ID:
    もう出てきたのか
    3:2017/03/29(水) 05:11:17.72 ID:
    ブチャイク
    【【出世】高畑充希、日テレ企画メインパーソナリティー抜てき】の続きを読む

    このページのトップヘ