カワウ速報

カワウソががんばって2chニュースをまとめているサイト!
みんなカワウソのニュース速報を応援してね!

    2017年02月

    1:2017/02/23(木) 01:29:34.38 ID:
     
    オリコン 2/23(木) 1:15配信

     アイドルグループ・HKT48の劇場支配人兼メンバーの指原莉乃が22日深夜、ニッポン放送
    『AKB48のオールナイトニッポン』(毎週水曜 深1:00)に電話出演し、瀬戸内7県を
    拠点に今夏発足予定の姉妹グループ「STU48」(SeToUchi48)の劇場支配人を
    兼任することを発表した。

     番組冒頭、AKB48の岡田奈々がSTU48を兼任することを発表。その後、指原が生電話で
    「指原からも発表があります。STU48支配人の辞令を受けました」とサプライズ発表。
    「打診があったとき、引き受ける代わりに、なぁちゃん(岡田)やこれから決まる
    メンバーとステージに立ちたい」と言ったことを明かし、メンバーとしても
    活動することを報告した。

     昨年10月に発足が発表されたSTU48は、従来のグループとは異なり、兵庫・岡山・広島・
    山口・愛媛・香川・徳島の瀬戸内7県を船で航行しながら、主要港で公演を行う予定。
    今年1月から1期生の募集を開始し、現在は選考中。最終審査は3月19日に行われる予定。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000301-oric-ent
    3:2017/02/23(木) 01:31:13.24 ID:
    支配人って何をもしてんの?
    4:2017/02/23(木) 01:31:26.28 ID:
    泥舟のキャプテン
    【【進出】指原莉乃、STU48劇場支配人を兼任することにwww】の続きを読む

    1:2017/02/24(金) 05:20:14.36 ID:
    2017-02-24 05:00

     女優の沢尻エリカ(30)が、松坂桃李(28)が主演する映画『不能犯』(2018年公開)に出演していることが23日、わかった。不気味な能力で人の心を操るダークヒーローを演じる松坂と対峙するヒロインの女刑事を演じ、アクションに初挑戦。黒のスーツに身を包んだ凛々しい姿がお披露目された。

     『貞子VS伽椰子』の白石晃士監督がメガホンをとる同作は、宮月新氏が作、神崎裕也氏が漫画を担当する『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画が原作。松坂演じる主人公・宇相吹正(うそぶき・ただし)は、赤く光る妖しい瞳から放つ不気味な能力で、人の心を操る男で、呪いや洗脳で相手を殺すため犯罪を立証ができない。沢尻は、宇相吹がコントロールできない唯一の存在である多田友子を演じる。

     原作では男性だが、松坂の妖艶な魅力を引き立たせるために多田の役は女性へと変更され、沢尻は「キャラクターのイメージは男性そのままで、正義感や意思が強く、内に秘めた熱いものを持った男っぽい女刑事になっています」と紹介。
    主演の松坂を「本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通り」と絶賛し、「そんな松坂さんや私の支えになっていたのが、白石監督でした。とてもチャーミングな方で、映画自体は怖いシーンもありますが、現場を和やかにしてくれるムードメーカーでもあり、とても楽しい現場でした」と感謝した。


    ・映画『不能犯』でアクションに初挑戦する沢尻エリカ (C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

    http://www.oricon.co.jp/news/2086432/full/
    3:2017/02/24(金) 05:22:14.69 ID:
    またマンガか。
    4:2017/02/24(金) 05:23:13.89 ID:
    日本のアクションドラマって絶対ショボいんだよな
    【【別に】沢尻エリカ、原作の主人公の性別を変えてまで刑事役でヒロインになるwww】の続きを読む

    1:2017/02/22(水) 17:44:32.84 ID:
     
    2018春NHK朝ドラ『半分、青い。』に決定 脚本は北川悦吏子氏
    2017-02-22 17:03

    NHKは22日、2018年春からの連続テレビ小説第98作が『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)に
    決定したと発表した。オリジナル作品で脚本は北川悦吏子氏が担当する。

    同作は現在放送中の『べっぴんさん』、今春から放送の『ひよっこ』、
    今秋から放送の『わろてんか』に続いての放送となる作品。

    舞台は高度成長期の終わりから現代までの岐阜県と東京。子供の頃に病気で左耳を失聴したが、
    それを乗り越えた失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(すずめ)が、ユニークな発想力を生かして
    七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎ出していく。

    ヒロインは1971年生まれという設定だが、1961年生まれの北川氏は「10年、サバを読みました」と笑わせながら
    「実は、朝ドラと同い年です。私たち、やっとめぐり逢えました」と初の大役を喜んだ。

    北川氏は『あすなろ白書』(1993)、『ロングバケーション』(1996)、『ビューティフルライフ』(2000)、
    『オレンジデイズ』(2004)など数多くのヒットドラマを生み出した人気脚本家で、映画『ハルフウェイ』(2009)、
    『新しい靴を買わなくちゃ』(2012)では監督も務めた。朝ドラの脚本は今回が初めてとなる。

    放送は、2018年4月2日から9月29日全156回を予定。今年秋にクランクインする。

    ORICON STYLE
    http://www.oricon.co.jp/news/2086370/full/
    2:2017/02/22(水) 17:45:04.97 ID:
    ロキノン系のダサいバンドの曲っぽい
    4:2017/02/22(水) 17:46:21.15 ID:
    青が散る
    【【新作】2018年春のNHK朝ドラは「半分、青い。」に決定 脚本は北川悦吏子氏】の続きを読む

    このページのトップヘ