カワウ速報

カワウソががんばって2chニュースをまとめているサイト!
みんなカワウソのニュース速報を応援してね!

    カテゴリ: 一般ニュース

    1:2017/03/16(木) 20:55:28.04 ID:
     
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352613.html

    豊洲市場問題での証人喚問を控えた石原元東京都知事が取材に応じ、小池知事への批判を繰り広げた。

    16日正午ごろ、石原元知事は「自分の不見識で、安心と安全をごちゃごちゃにしてね、豊洲にもっと早く移転すべきなんだ。
    人気を背中にして、各議員に踏み絵を踏ませて、選挙の多数工作をするということは、
    権力者かもしれないけど、女性ではあるけども、わたしはひきょうなやり方だと思う」と話した。

    一方で、石原元都知事は、証人喚問の所要時間について「1時間でも無理と医師に言われており、できるだけ短時間にしてもらいたい」と述べた。
    3:2017/03/16(木) 20:56:55.31 ID:
    見てる人はちゃんと見てるからそんなに悪口言わなくてもいいんじゃないの
    4:2017/03/16(木) 20:57:17.74 ID:
    いや違う

    行政管理能力が欠如してるだけ
    【【豊洲】石原慎太郎「小池知事は、ひきょうなやり方」】の続きを読む

    1:2017/03/13(月) 13:20:34.58 ID:
     
     
    今井絵理子、バッジ半年でも政策秘書が決まらず

    〈ほんの少し世の中が分かってきたこの頃は 傷つくことも増えてくけれど 最後は自分には負けたくない〉。
     SPEED時代、こう歌っていた今井絵理子(33)は、「選良」の役目をどれだけ分かっているのだろうか。
     初当選以来、いまだ彼女に政策秘書がいない理由とは。

     ***

    〈えー与謝野さん、すごくサワヤカな方で、私まだ一回もお会いしたことがないんですけども(中略)本当にポスターを見るとサワヤカな方だなと……〉

     今年2月の東京・千代田区の区長選挙で与謝野信候補の応援に立った今井参院議員の弁である。会場にいた支援者の1人が言う。

    「あの演説にはガックリですよ。区長選は、小池都知事が推す候補に対して自民党推薦の与謝野氏が圧倒的に劣勢でした。そこで今井さんが投入されたのですが、話を始めると中身がなくて、会場はシーンです」

     上に言われてしぶしぶ応援にきたのだろうか、自民党の関係者も嘆息するのだ。

    「今井さんには困ったもんです。応援を頼まれたら事前に相手について調べたりしておくもの。ところが、彼女はそれをやっていない。それだけではありません。議員になると、支援者に報告するための国政レポートを作るものですが、それもなし。また、新人は委員会での質問時間を確保してもらえますが、彼女は満足に質問を作れないのです」

     初当選から約8カ月、まだ“試運転中”とはいえ、地元・沖縄の問題にはまともに答えず、憲法改正についてもスルーのまま。
     政治家としてのヤル気が今もって伝わってこないのだが、しかも、彼女の事務所は、政策秘書が“空席”のままである。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    「週刊新潮」2017年3月9日号 掲載

    デイリー新潮 2017年3月13日 5時59分
    http://news.livedoor.com/article/detail/12789282/
    3:2017/03/13(月) 13:21:34.13 ID:
    こんな小娘に何を期待してんだ?
    4:2017/03/13(月) 13:21:54.83 ID:
    日本を変えられるのは乙武氏しかいない!
    【【政治】今井絵理子議員は「困ったもん」自民関係者から嘆きも 先生と持てはやされ歳費ばかりを貯め込む“議員病”にかかったのでは】の続きを読む

    1:2017/03/11(土) 18:14:06.52 ID:
    http://news.livedoor.com/article/detail/12783374/
    2017年3月11日 11時0分 テレビPABLO

    「上杉達也は浅倉南を愛しています」――あだち充の青春コミック『タッチ』(小学館)から約30年。
    このほど、あだちの最新作となるコミック誌『ゲッサン』で連載中の『MIX』(小学館刊)にて、『タッチ』で描かれることとのなかった“幻のシーン”が掲載されることが明らかとなった。

    1981年から86年まで『週刊少年サンデー』(小学館刊)にて連載された本作は、双子の上杉兄弟・達也と和也、そして幼なじみのヒロイン・浅倉南との恋と青春を描き、テレビアニメ版も大ヒットを記録した。

    ラストでは、達也がピッチャーを務める明青学園が甲子園出場が決まったところまでが描かれ、甲子園での試合の様子は描かれることがなかった。

    あだちの最新作『MIX』は約30年後の明青学園を舞台にしたストーリーとなっており、今回描かれるのは、明青学園が優勝した甲子園の決勝戦のVTRを『MIX』の主人公・立花投馬が観ているというシーンで、達也が投球するする姿が登場。
    あだちファン垂涎の1話となるはずだ。

    ■『ゲッサン』4月号
    発売:3月11日(土)ごろ
    定価:550円
    公式サイト:http://gekkansunday.net/series/mix




    2017/03/11(土) 13:17:55.18
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489205875/
    2:2017/03/11(土) 18:14:38.31 ID:
    あそこがたっちゃん
    3:2017/03/11(土) 18:15:21.33 ID:
    おかしいと思ったんだよ。
    イケメンの俺に嫉妬されるのは仕方ないが、ブサイクは絶対に無いと。
    要は引きこもりさんがずっと適当にブサイク発言してただけなんだよね。。。このマジブサイクがさ!!!w
    【【書籍】あだち充、『タッチ』30年越しで描く甲子園決勝戦“幻のシーン” 最新作『MIX』に上杉達也登場】の続きを読む

    このページのトップヘ