カワウ速報

カワウソががんばって2chニュースをまとめているサイト!
みんなカワウソのニュース速報を応援してね!

    タグ:小嶋陽菜

    1:2017/03/25(土) 11:50:26.20 ID:
     
     
    AbemaTIMES 3/25(土) 11:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010004-abema-ent

    アイドルグループ「AKB48」の最年長メンバーで、2005年にAKB48の初期メンバーとして加入以来何度も「神7」入りを果たすなど、10年以上に渡ってグループを牽引してきた“こじはる”こと小嶋陽菜(28)。昨年のAKB48選抜総選挙で卒業を発表し、2月22日には国立代々木競技場第一体育館で卒業コンサート「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」を開催しており、4月19日の自身29歳となる誕生日にグループから卒業する。

     小嶋は、卒業後について「のんびりしたい」と充電を示唆しているが、「自分の時間ができると思っているので、柔術を習ってみたい。ダンスをしなくなるので、何か始めたいなと思って…」と今後について話し、「素敵な出会いがあれば、いつでも恋愛はしてみたいです」とコメントしている。

     2006年のグループ結成以来、11年間の歴史の中でAKB48を卒業・辞退・解雇・移籍になったメンバーは総勢200人以上にのぼる。AKB在籍時には中心メンバーとして活躍したメンバーの中には、ソロ活動が順調なメンバーもいれば、メディアから全く姿を消したメンバーもおり、卒業後の活躍に大きく明暗が分かれている。

     2014年6月に卒業した大島優子(28)は、卒業後からドラマや映画に主演したり、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』に出演したりと破格の扱いを受けていたが、いずれも評判は芳しくなかった。しかし、最近になって演技力がさらに成長していると評価を上げており、ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)では、ストーリーにはなくてはならない役柄を演じている。現場では「ポイントを掴むのが上手い」と評判も良く、「最初、大島優子だと気づかなかったくらい役にハマってる」「地味さがエロい」などと視聴者からの絶賛の声も集まっている。

     AKB48時代は大島優子のライバルで、2012年8月に卒業した前田敦子(25)も当初は映画やドラマで「正統派ヒロイン」に起用されがちで個性が活かせなかったが、主演映画『もらとりあむタマ子』でグータラな干物女をリアルに演じたことで評価が一変。染谷将太と初共演を果たした『さよなら歌舞伎町』も大ヒットして評価されている。女優としての活動は安定してきた前田だが、これまで尾上松也、山本裕典、佐藤健などとの熱愛が噂され、1月にもロックバンド・RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎との交際が報じられるなど恋愛体質の面が仕事に支障をきたすのではないか、と心配する声もあがっている。
    2:2017/03/25(土) 11:50:36.13 ID:
     2013年8月に卒業した秋元才加(28)は、卒業後、その意志の強さや女優向きのルックス、スタイル、そして高い運動神経を活かして舞台などで活躍。舞台関係者からは「とにかく勉強熱心。独特の顔立ちもあって、存在感があるといわれている」など評価する声が相次いでいる。秋元の男前で肉体派のイメージは、他の卒業生にはない武器であり、ドラマ『別れたら好きな人』(フジテレビ系)のような軽い演技もこなすとなれば、役者として重宝されるのもうなずける。

     AKB48の初代総監督としてAKB48全体をまとめていた高橋みなみ(25)は2016年4月8日、AKB48劇場での『高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~』をもってAKB48を卒業。卒業後は、テレビにはほとんど出演することがなくなり、メディアとしてはラジオ番組にゲスト出演、SNSで情報を発信する程度。SNSには高橋の自撮り写真がよくアップされているが、体重37kgと激ヤセしている現在の高橋の変貌ぶりに驚く人も多い。

     2013年8月に卒業した板野友美(25)が、2月5日、ベテラン歌手の野口五郎(61)のコンサートにサプライズで登場した模様が広く報じられると、ネット上では「板野がやけくそになってる」「迷走してる」などと話題になった。最近、メディア露出が激減している板野だが、久々に目にした板野の“らしくない”活動に、衝撃を受ける人が続出しているようだ。卒業後はアーティスト色をアピールしている板野だが、CDの売り方はアイドル時代となんら変わらず、CDのリリース時に全国のショッピングモールで握手会のドサ周りを行ったが、ファンは以前のようには集まらず音楽活動自体に行き詰まり感が漂っている。板野は今後、舞台女優に転身する可能性もあるという。

     AKB48在籍時は、グループの中心メンバーの一人で、ほとんどのシングル曲で選抜メンバーに選ばれていた篠田麻里子(31)は、卒業前から雑誌「MORE」の専属モデルを務めるなど幅広く活躍。2013年7月の卒業後はファッションの仕事を中心に活動していくと宣言して、自身のブランド「ricori」のプロデュースも手掛けていたが、「ricori」がオープン後1年半足らずで全店閉店となって以降、女優業に進出。しかし、初の主演映画『リアル鬼ごっこ』は「大コケ」ということしか話題にならず、基本的には連続ドラマでゲストやチョイ役を務める程度。しかも篠田がたまにドラマに出ると、決まって視聴者から「棒演技すぎる」などと批判され、関係者からは「女優業でやっていくには、かなり厳しい状況」と、ため息交じりにささやかれているという。

     AKB48というグループの枠組みの中で人気を得ていたメンバーは、グループを卒業すればバックグランドがなくなり、生き馬の目を抜く芸能界で生き残っていくのは厳しいと言わざるを得ない。元AKBという肩書きなしに光り輝く存在感を発揮するのは誰か。卒業生のこれからの活動に注目していきたい。
    4:2017/03/25(土) 11:53:04.24 ID:
    安定してたAKB時代、生活が不安定なメンバーが呟いてた
    【【卒後不安】小嶋陽菜卒業で振り返る元AKBの明と暗 篠田麻里子、高橋みなみ、板野友美らは今】の続きを読む

    1:2017/03/22(水) 04:38:17.98 ID:
     アイドルグループ「AKB48」の小嶋陽菜さんが21日、伊勢丹新宿店(東京都新宿区)で行われたサマンサタバサの期間限定ポップアップストア「PINK WORLD BY SAMANTHA THAVASA」のトークショーに、人気女性ファッション誌「sweet」(宝島社)の渡辺佳代子編集長と登場。ピンク一色の店内に、小嶋さんは「ピンク大好きなのでテンション上がりますよね。どこを取っても可愛い!」と目を輝かせたが、渡辺編集長に「普段はなにげにピンクを着ない。私服は大体黒ばかり」と“暴露”され困り顔を見せていた。

     また、AKB48からの卒業を控え「挑戦したいことは?」と聞かれると、「チャレンジ精神が全くない。雑誌が新しい自分を引き出してくれるから、編集長にお願いしています」と苦笑し、渡辺編集長に「モロッコに行きたい!」とおねだりしていた。

     「PINK WORLD BY SAMANTHA THAVASA」は、サマンサタバサの“DNAカラー”の“PINK”をテーマにしたポップアップストアで、「BAILA」(集英社)や「美人百花」(角川春樹事務所)、「CanCam」(小学館)など11の女性ファッション誌とコラボしたバッグを販売。同日まで営業。

    2017年03月21日
    http://mantan-web.jp/2017/03/21/20170321dog00m200027000c.html













    4:2017/03/22(水) 04:42:59.84 ID:
    好きな色が服に反映されるとは限らんだろ
    ピンク好きでもピンクの服って人に選ぶわ
    5:2017/03/22(水) 04:43:15.77 ID:
    腹黒だから
    【【セクシー】AKB48・小嶋陽菜:ピンク大好きも私服は「黒ばかり」 編集長の“暴露”に困り顔】の続きを読む

    1:2017/03/15(水) 22:58:55.36 ID:
     
     
    4月19日にAKB48を卒業する小嶋陽菜(28)が15日、都内でフリマアプリ「メルカリ」主催の「第2回CHANGE LIFE OF THE YEAR2017」に出席し、過去1年間で人生を大きく変えた著名人を表彰する同賞のアーティスト部門を受賞した。ティーン部門は岡田結実(16)が、スポーツ部門は元プロ野球選手の三浦大輔(43)が受賞した。

     小嶋は、世間で盛り上がるWBCについて「今朝の番組『PON!』で一緒だったお父さん(岡田の父のお笑い芸人岡田圭右)に、昨夜のキューバ戦はコーチがすごかったと、ずっとお話しされていることを聞いていたので、それで見た気分になっています」と話し、

    岡田結実は「そうなんです。父は熱くなっています」と認めた。また、プレゼンテーターの渡辺直美(29)は「私はテレビの前にいられない時、ツイッターで速報をチェックしたり、移動車の中でラジオで聴いてます」。

    三浦は「戦っている選手には、日の丸の重みがある独特のプレッシャーがある。試合をするたびに結束力が固まり、どんどん強くなってきている」と期待していた。

    日刊スポーツ 3/15(水) 21:36配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-01792740-nksports-ent
    6:2017/03/15(水) 23:08:43.99 ID:
    見る必要が無いと真実を突いてる点で
    評価でける
    7:2017/03/15(水) 23:10:58.40 ID:
    野球選手がいると絶対に野球の話題を出して気を使わないといけないから面倒くさい
    【【野球】AKBの小嶋陽菜、野球のWBCは「岡田圭右の話で見た気分になってます...」】の続きを読む

    このページのトップヘ