カワウ速報

カワウソががんばって2chニュースをまとめているサイト!
みんなカワウソのニュース速報を応援してね!

    タグ:岡田圭右

    1:2016/12/22(木) 05:13:18.87 ID:
    2016-12-22 05:00

     タレントの岡田結実(16)がこのほど、29日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『答えを聞いたらもう一度見たくなる!クイズ二度見』(後11:00)の収録に参加し、終了後の取材会に出席。
    お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(48)の娘であることを公表し、今年バラエティーで大活躍したが「給料明細は一切見たことがないですね。お父さんとお母さんに預けています」と明かした。

     同席したアンジャッシュの渡部建(44)は明細を確認しないことに驚きつつ「お父さん(の給料
    を)超えているんじゃない? お父さんより結実ちゃんのほうが会うよ」と指摘。明細をみた父はどんなリアクションを見せたのか問われると、
    「ちょくちょく怒られる。『調子に乗るなよ』って」と告白すると、メイプル超合金のカズレーザーからは「あんなに調子だけで生きている人に怒られるの!?」とツッコまれていた。

     同番組は、何の変哲もない問題VTRに隠れた“もう一度見たくなる理由”を当てるという新感覚映像クイズ番組。9月の放送に続き、2回目の特番放送となる。

     番組タイトルにかけ、「今年二度見してしまうほど驚いたことは?」と聞かれると、渡部は相方の児嶋一哉(44)が都内に土地を購入したことを挙げ
    「ここ5年くらい『児嶋だよ、おい、こら』しか言ってないのに。ローンが30年あるらしく、あの芸風で30年やるらしい。驚きですね。お笑い界は夢がある」と苦笑。メイプル超合金の安藤なつ(35)は「給料明細ですね。30万から始まり、今は100万いくら…。二度見しました」と大躍進の1年を振り返った。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ・給料明細について明かした岡田結実 (C)ORICON NewS inc.

    ・バラエティ番組『クイズ二度見』収録後の囲み取材会

    http://www.oricon.co.jp/news/2082909/full/
    3:2016/12/22(木) 05:14:28.30 ID:
    いいおとうさん
    4:2016/12/22(木) 05:15:56.38 ID:
    16才なら普通にアルバイトしてるのもいるだろうけど見せたらまずい金額な訳ね
    【【嫉妬?】岡田結実、お父さんから「調子に乗るな!」と怒られるwww】の続きを読む

    1:2016/12/11(日) 16:57:09.66 ID:
     お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右さんの長女で、タレント、モデルの岡田結実さんが11日、東京都内で開催された映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ファンタビ)」(デイビッド・イェーツ監督)大ヒット御礼イベントに出席。タレントのSHELLYさん、約500人の観客とともに約1分間にわたってマネキン人形のように固まって動画撮影をする流行の“マネキンチャレンジ”に挑戦した。

     映画は「ハリー・ポッター」シリーズのJ.K.ローリングさんによる新シリーズ第1作。2人は主人公・ニュートの扮装で登場し、SHELLYさんは「1分間って意外と長いですからね。頑張りましょう! やるんだったら、ピコ太郎さんのPPAP超えましょう!」と観客を盛り上げ、岡田さんも「心一つにして!」と笑顔で呼びかけたが、本番では、父・圭右さんの持ちギャグ「ワオ!」のポーズで固まった。

     国内最大規模という500人での挑戦を終え、岡田さんは「1分長いですね。このポーズ、実は助走して中腰になるんです。そのあとずっと中腰でプルプルしてました」といい、「辛い体勢はやめとけって言ったじゃん!」とSHELLYさんに突っ込まれて苦笑していた。

     「マネキンチャレンジ」は、その場にいる全員が一斉にマネキン人形のように静止し、その様子を動画で撮影するというもので、ポール・マッカートニーさんやヒラリー・クリントンさん、ビヨンセさんら世界中の著名人たちにも流行中。同映画の主人公・ニュート役のエディ・レッドメインさんらキャストたちも挑戦している。

     この日のマネキンチャレンジは、岡田さんたちの「、大ヒット!」という呼びかけと同時に観客がウェーブ、途中でSHELLYさんが動きを止める魔法「ペトリフィファンタビカス・トタルス(石になれ)」を唱え、会場中を固まらせるという趣向で行われた。 

     映画はハリーが学んだホグワーツ魔法学校の教科書「幻の動物とその生息地」を編集した魔法動物学者ニュートが、世界中を旅する中で発見した魔法動物を詰め込んだトランクが開いてしまい、魔法動物たちが逃げ出して、世界が大パニックに陥る……という物語。

    2016年12月11日
    http://mantan-web.jp/2016/12/11/20161211dog00m200010000c.html

     
     
     
     
     
     

     
     
     
     
     
     
     
     

    2:2016/12/11(日) 17:05:03.63 ID:
    日本人がこういうのやると寒いんだよね。
    3:2016/12/11(日) 17:16:09.57 ID:
    まーたジャップが外国コンプこじらせとるw
    【【ファンタビイベント】岡田結実:SHELLY&500人とマネキンチャレンジはお得意のあのポーズwww】の続きを読む

    1:2016/12/04(日) 09:58:54.49 ID:
     
    昨今の芸能界では2世タレントの活躍が話題だが、そのなかでもバラエティ番組で引っぱりだこの人気者にまで急成長した、モデルでタレントの岡田結実。
    イベント現場では、バラエティ番組と同様、語彙力のない“ゆるゆるトーク”でマスコミを和ませているが、そこに限界を感じたのか、目下“ファザコンキャラ”売りにシフトしているのだという。

    結実は11月24日、都内でジュエリーブランド・パンドラのクリスマスキャンペーンのPRイベントにゲスト出演。
    本業のモデルらしくネックレス、ブレスレットに指輪と、パンドラのジュエリーを贅沢にあしらった真っ赤なドレス姿を披露したというが、「MCにコメントを求められても毎回、
    『こういう素敵なジュエリーが似合う女性になりたい』などと、ほぼ同じ内容の繰り返しで、中身にとぼしいトーク力のなさを露見させていました」(芸能ライター)とか。

    イベント後の囲み取材では、夏ごろまで自ら積極的に披露していたという『ウワォ』『閉店ガラガラ』などの父・岡田圭右のパクリ芸もこの日はさすがに見せなかったというが……。

    「結局、現場マスコミから聞かれるのはこれまで両親からもらった思い出のプレゼントなど、
    父・岡田圭右に関係した話題ばかり。それまで品よく話していたのに、ジュエリー三昧の自身の姿を誰に見せたいか? と問われた際に、
    『お母さんに。少し前まで“クソガキ”だったので……』と急にキタナい言葉遣いで素を露見させてしまったのには、記者も失笑していました。一方で、理想の男性のタイプを問われ、
    結実が『お父さんに似ている人が好き』『お父さんが好きなのは変わらない』などと、ファザコンを感じさせるコメントを連発しましたが、
    これには男性関係でツッコまれるよりも、ファザコンを売りにしておいたほうがいいという所属事務所の思惑も透けて見えましたね」(同)

    目下、モデル業よりもバラエティ番組などでの活躍のほうが目立っているが、テレビ関係者は次のように漏らす。

    「スタイルはいいのですが、顔がやや二重あご気味で、トークなどのときに、クセであごを上げて話すので結構目立ちます。
    顔立ちは父親に似て端正で、いわゆる昭和のジャニーズ系。目ヂカラも強くて売れる顔立ちなのですが、アゴの見え方だけ工夫が必要ですね」

    人気定着に向け、課題はいくつもありそうな結実だが、なにはともあれ、まだ16歳の現役女子高生。今後の活躍に期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1238173/
    2016.12.04 09:00 トカナ
    3:2016/12/04(日) 10:00:01.91 ID:
    癖をいかしてシャクレで売ればいい
    6:2016/12/04(日) 10:01:39.09 ID:
    いい子じゃないか
    【【炎上】岡田結実のネガティブ記事を書いたライターがフルボッコにwww】の続きを読む

    このページのトップヘ